toggle
地域で子どもの笑顔がみえるまち ~子どもが まんなか これからのコミュニティーへ~

いのちの授業


赤ちゃんと中学生とのふれあい交流事業

「赤ちゃんサロン・ふらっとルーム」

背景

 昨今、少子高齢化・核家族化が進み、育児不安、幼児虐待など深刻さが増してきており子どもを守り育てる地域の力が弱まっていることや、自己肯定感の低い子が増えていることなどの問題が多く、地域全体で子育てをすることの重要性が再認識されています。
子どもたちは、乳児期・幼児期・思春期を経て大人になっていきます。
子育てでいちばん大切なことは、子どもの自己肯定感を育むことです。
「命の大切さ」や「自分のことを大切に思う気持ち」そして「他者を思いやる気持ち」を育んでいけるような環境を地域全体で考えていく場づくりが必要とされています。

目的

「赤ちゃんと中学生とのふれあい交流事業」-赤ちゃんサロン・ふらっとルーム-
中学生が乳幼児の成長や命の尊さを実感し、将来的な育児不安の減少やコミュニケーション力を養う機会とするほか、育児中の親子が地域社会へ参加するきっかけとし、地域での子育て環境の向上を図ることを目的とする事業です。

学校で開催することで、休憩時間に、ふらっとのぞきにきたり、自然に親子の姿を目にし、
興味を持って遊びにくる・・・そんなところから始めてみたいと思います。

赤ちゃんと出会い、ふれあい、そして関わることによって赤ちゃんの持つパワーを感じ
ることができます。それは他者への関心や共感の能力を高め、思いやりの心や、命を大切にするこころの育ちへとつながっていきます。
 
 次世代支援とは、生まれ育った地域でお互いの存在を感じ支えあうことが大切だと感じます。このふれあい事業で命の大切さや思いやりの心が育みあえるような交流を重ねたいと思います。

概要

「中学生と赤ちゃんふれあい事業」は、赤ちゃんとその保護者に参加してもらい、中学生が赤ちゃんを抱っこしたり、一緒に遊んだり、保護者から子育ての話や出産にまつわる話を聞いたりして交流する事業に発展していきたいと思っています。
 また命の大切さを理解し、正しい知識を身につけてから赤ちゃんとふれあうことを目的とし、次の3つの講座を組み合わせて実施したいと思います。

今後、拡げていきたい内容

1、 講話「いのちついて」

2、 生教育

3、 赤ちゃんサロン~ふらっとルーム~への参加
   実際に、赤ちゃんを抱っこしたり、おしめをかえたりすることを体験してもらったり
  一緒に遊んでふれあいます。