toggle
地域で子どもの笑顔がみえるまち 子育てで息詰まったり疲れたときに 「ほっと」できる空間
2017-09-19

願えば叶う!

今年のだんじり祭はあっという間なのか、
長かったと言うのが本音なのか…そんな中、
台風警報が出てる中、神がかったような
「願えば叶う!」と言う現実を目の当たりにした3日間でした。
3年前から当団体も実行委員で関わっていた、車いす限定「疎開道 俄歩き(そかいみち にわかあるき)」試験曳きツアーや、車いすや赤ちゃん連れにも優しいだんじりMAPなどに関わらせていただきたくさんの人と人との繋がりの大切さを実感させていただきました


いろんな方々がだんじりを見て感動し、また来年も観たい!と心から思い、帰路につかれる姿を見てツアーやMAPづくりの大切さが、しみじみ伝わってきました。
この3日間のために、早い時期から寄り合い、積み重ねられたものが、こうして愛情と感謝いっぱいの言葉でかえってくることに喜びを感じ、また来年への意欲に繋がっていくんですね。


私も、このような素敵な取り組みに関われたことを心から感謝したいと思います(*˘︶˘*)
あまり関わることができなかった事が、心残りでしたが、実行委員の皆さまお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

そして、ここからKitもころころはうすで「赤ちゃんすてーしょん」を開設して4年・・・

1日目は雨と寒さのために、ご利用者は数人でしたが、終わりかけの頃、バギーで来られた障害児さんのオムツ替えのご利用がありました。
2日目もクローズ前1時間頃に、バタバタとトイレのご利用や、ベビーカーの一時預かりなどで赤ちゃん連れの親子さんがいらっしゃいました。
あるお母さんは「こんな場所があって良かったです」っととても喜んでくださり、いろいろとお話をしてくださいました。
ベビーカーの一時預かりの親子連れさんは、ここからKitのFacebookページにいいね!をしていてくださっていて、情報を見ていてくださったようです^^他の親子連れさんは、駅前のだんじり案内所で聞かれたようでした。

そして、毎年ご利用してくださる親子さんの笑顔にも出会え嬉しいものです♡

「トイレーかしてください!」と勢いよく飛び込んできた親子さんは、「どうしても簡易トイレではできないようで・・・」っと探してきてくださったり、本当に必要としてくださる人たちに利用してもらうことが、私たちスタッフにとっての想いです。

ご利用者の方々の感謝の言葉が私たちスタッフの励みになります!
また来年、赤ちゃんすてーしょんでお待ちしていますね♪

 

 


関連記事