toggle
地域で子どもの笑顔がみえるまち ~子どもが まんなか これからのコミュニティーへ~
2017-02-02

2月のワンポイントアドバイス

ここから通信2月号からの

ほっこりカラダの栄養レシピをご紹介します。

とーっても寒くなりましたね。.

大寒(1月20日)~立春(2月4日)までが1年のうちの寒さのピークと言われています。
立春を超えると寒さがだんだん和らいでくるとのことです。
そう思うと寒さのピークもあと少し。春が待ち遠しいですね!

本当に毎日寒くて、外遊びも中々させてあげられず、我が家の子どもたちはエネルギーを持て余し気味だったので、
先日、簡易テント持参で蜻蛉池公園へ行ってきました。
凧を無料で貸出してくれるので、凧を借りて、子どもたちと走り回りました。
大人が必死になってしまうくらい走って、汗をかきました。
タコは、蜻蛉池公園の管理事務所で、2月26日まで無料貸出し中みたいですので、
寒さの中、勇気を出してぜひ行ってみて下さい♪

節分メニュー

小イワシのから揚げ
イワシの苦手なお子様も食べやすいです♪
 小イワシ(適宜)片栗粉(適宜)
 揚げ油(こめ油や菜種油などの植物油がおすすめ)適宜
 塩 (適宜)
①小イワシは軽く水洗いし、水気をキッチンペーパーで拭き取る。
②①と片栗粉をビニール袋に入れて振る。
③フライパンに1cmくらいの油を入れ、片面ずつ揚げる。
④塩を振って出来上がり!
  *小イワシの頭とわたを取り除くか、
   取り除いたものを購入すると、お子さまも食べやすいです。

何でも巻きずし

 我が家では、子どもたちは巻ずしを好まないので、節分の日には市販の恵方巻きにこだわらず、
 子どもたちが巻きたいものを巻いて、巻きずしを作ります。
 焼き海苔(適宜) お肉を焼肉のたれなどで焼いたもの
 白ごはん(適宜) しゃけの切り身
 卵の薄焼き(細長く切ったもの)など、
 冷蔵庫にあるもの何でも♪
 ウインナ― (縦半分に切る)
 きゅうり  (細長く切る)
  *巻き終えた海苔の端っこに米粒を押しつけながら、糊状にするとしっかりとくっついてくれます。
  *大人用には大人が好きな具材を準備してくださいね!

関連記事