toggle
地域で子どもの笑顔がみえるまち 子育てで息詰まったり疲れたときに 「ほっと」できる空間 ここからKit (大阪・岸和田)

ここからkitについて

私たちは、子育ての経験者や当事者の視点を生かし、当事者と同じ目線で寄り添いつつ一緒に考えながら子ども支援・親支援をしていく中で子どもも親も共に社会の一員として成長し、いきいきと心豊かに暮らせるまちづくりを考えています。

本来、子育ては母親や父親だけでするものではありません。しかしながら、現実は無念社会と言われ、地域のつながりが希薄になっています。親だけでなく、周りがあたたかく見守ることが必要です。見守るとは、見ているだけでなく、いざという時に声をかけたり、手助けすることです。

「地域で子どもの顔がみえるまち」を合言葉に、他人事としてではなく、子どもを地域の財産として地域全体で支えて、子どもたちが、すこやかに地域の中で育まれる地域ぐるみの子育てが必要です。

親にとっても子どもたちにとっても「助けて!」の SOS!が言える関係づくり、場づくりが必要だと強く感じます。

子どもたちは、乳児期・幼児期・思春期を経て大人になっていきます。子育てで一番大切なことは、子どもの自己肯定感を育むことです。

「命の大切さ」や「自分のことを大切に思う気持ち」そして「他者を思いやる気持ち」を育んでいけるような環境を地域全体で考えていく場づくりや、あそびの広場を通して、多年齢世代の交流と居場所づくり、地域社会活性化に貢献することを、目的として活動しています。