toggle
地域で子どもの笑顔がみえるまち ~子どもが まんなか これからのコミュニティーへ~

家庭訪問型子育て支援

 保育園などに子どもを預けて働く母親だけでなく、赤ちゃんや小さな子と1日中家庭で過ごす
母親へのサポートの重要性に目が向けられるようになっています。
岸和田市も、母親が1人で子育ての不安や負担を抱え込まないために、地域のつながり作りを
中心とした様々なサポート体制を打ち出しています。
 しかし、行政の支援だけでは、どうしても手が届かない部分があります。
育児に疲れて外に出る元気がなかったり、経済的事情で一時保育の利用をためらってしまったりして、
一歩外に足を踏み出したくても出られない辛さを抱えている母親たちもいます。
そのような気持ちに寄り添うための、民間のボランティアスタッフによる「家庭訪問型子育て支援」が、
少しずつ全国に広がり始めています。

「待つ支援から届ける支援へ」

核家族化や、地域コミュニティの希薄化等が進む中で、
子育てでも孤立感や不安を感じている母親は少なくありません。
特に引きこもりがちで育児での問題が表面化しにくい家庭に対しては有効な支援策がない状況であります。
 
「親子ひろばを」を実施する中で、利用者も増え、育児不安の解消や仲間づくりなどの成果は上がっている一方、
「出てこれる親子はその場で支援を受けられるが、出て来れない親子をどうするか・・・」という課題が解決されないのが実情です。
 そこで、私たちは課題としていることに対して有効なプログラム「家庭訪問型子育て支援」事業に取り組もうと考えました。

この事業は私たちだけではできません。
地域の方々、そして行政の専門職の方々と共に共有しながら今後進めていけたらと思っています。