toggle
地域で子どもの笑顔がみえるまち 子育てで息詰まったり疲れたときに 「ほっと」できる空間
2017-03-30

せきもとママのワンポイントアドバイス

暖かい日が増えましたね♪
外遊びの季節です。
我が家の子どもたちも、ひたすら外で遊んでいます。
遊具で遊んだり、土遊びをしたり…お外でしっかり遊んだ日は、
心も落ち着いていることが多いです。
大人は子どもの数倍疲れますが…
私も家事を上手に手抜きして付き合ってあげられるように心がけています!
乳児さんも敷物をもってぜひお外に出してあげてみて下さい!
良く寝てくれたり、お母さんの気分も晴れますよ♪

旬の食材を食卓に

春が旬の食材を離乳食のときから取り入れてもらいたくて、
そら豆のレシピにしました。
そら豆の栄養…植物性のタンパク質を多く含み、ビタミンだけでなく、
カリウムや鉄・銅などのミネラル、炭水化物や葉酸、食物繊維も含まれています。
効能…疲労回復、貧血予防、整腸作用などがあり、美容と健康にも役立ちます。

そら豆のグリル焼き

・そら豆 
① さやごと、魚焼きグリルまたはオーブントースターで7~8分焼く。
② さや、薄皮をむき、お好みで塩を振ったらできあがり!
*素材の味なので子どものおやつにも離乳食にもなります!

そら豆のポタージュ

・そら豆    10から15本
・玉ねぎ      中1/2個
・じゃがいも    小1個
・豆乳または牛乳  500mlくらい
・塩        少々
① そら豆はさやから出し、薄皮もむいておく(包丁で切れ目を入れるとむきやすいです)。
玉ねぎは薄切り。ジャガイモは皮をむき、いちょう切りにする。
② ふた付きの密閉鍋、なければふた付きフライパンに玉ねぎ、ジャガイモ、
そら豆の順番に重ね、野菜がくたくたになるまで蒸し煮する。
(焦げるのが心配な方は、食材を入れる前と後に塩ひとつまみずつふる。
または、少量の水を入れて蒸す)
③ 粗熱が取れてから、フードプロセッサーにかけ、お鍋に戻し、豆乳または牛乳でのばす。
④ 塩で味を整える。
*塩で味を整える前に取り分けて、離乳食にも使えます♪
*豆乳や牛乳をまだ与えていない方は、豆乳を入れる前に取り分け、白湯でのばしてください!  

そら豆の保存方法

冷蔵…さやごと新聞紙につつみ、ポリ袋にいれて冷蔵庫で保存すると長持ちします。
冷凍…①さやからそら豆を出し、薄皮に包丁で切れ目をいれるか、
キッチンばさみで端を切り、塩ゆでをする。
粗熱が取れたら、平らになるようにジッパーにいれ、冷凍庫で保存する。
②さやから出して、生のままジッパーに入れて冷凍庫で保存する。
使うときは熱湯にそのまま入れて塩ゆでできます!


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。